iphone充電部分パーツ交換

iphone repair

充電部分パーツ交換が必要とされるとき

smartline
  • 充電ができない

  • PCと接続してもiPhoneを認識しない

  • 純正充電ケーブルなのに「認定されていないため使用できない」と表示が出る

  • イヤホンを差してもイヤホンから音がしない

  • よく圏外になったり電波が弱い

充電部分ドック交換料金表

世代 通常料金 割引適応時 時間
X 13,800円 11,800 45分程度
8Plus 10,800円 8,800 45分程度
8 10,800円 8,800 45分程度
7plus 9,000円 7,000 45分程度
7 9,000円 7,000 45分程度
6Splus 6,500円 4,500 15分〜
6S 6,500円 4,500 15分~
6plus 5,500円 3,500 15分~
6 5,500円 3,500 15分~
SE 5,500円 3,500 15分~
5S 4,800円 2,800 15分~
5c 4,800円 2,800 15分~
5 4800円 2,800 15分〜
  • 価格はすべて税抜です
  • 各種割引はお客様にGoogleレビューへの書き込みや学生証の提示が必要となります

iPhoneの充電部分のパーツ(ドック)について

アンテナ マイク イヤホン USB
USB端子部分(ライトニングケーブル端子)

いつも充電の際にライトニングケーブルを差す端子です。上下どちらでも差すことが出来るよく考えられている設計ですね。androidスマートフォンに使用されているmicro USB端子は上下の向きが決まっているため、無理やり差すと故障の原因になります。その点、iPhoneのライトニング端子は何も考えずに差しても故障の心配はありません。

マイク

実はiPhoneのマイクは全部で3つあります。こちらのドック部分についているマイクは、電話の時に使用するマイクです。いわゆる送話マイク。電話中に相手に自分の声を届ける役割があります。 これとは別にスピーカーフォン時のマイクや動画撮影時に使用するマイクなどもあります。

イヤホンジャック

iPhone7からはこのイヤホンジャックがなくなりましたね。旧型のiPhone5からiPhone6Sまではドックにイヤホンジャックがついています。よくある故障なのですが、スマホピアス(イヤホンジャックにつけるアクセサリー)が中折れした場合、ドック一式の交換になる場合があります。

アンテナ

SIMカードを利用した電波を受信送信するアンテナです。WIFIの電波はまた違うパーツとなります。 アンテナの故障は滅多にありませんが、受信感度が弱くなったように感じたらご検討ください。

充電ができない症状を放置した場合

電源が切れてデータが取り出せなくなる

充電する方法がないので、データは取り出せなくなります。

ドック交換について

ドックパーツには様々は役割のパーツが搭載されているので、交換には注意が必要です。 また想像以上にビスが多いため、分解する場合はビスの管理が必要になります。ネットで分解動画などを見て、ご自分で修理するのも良いですが、説明の通りかなりの役割がこのドックにはあるので組み立て後に動作しない機能があるかもしれません。充電不可でお困りの際はiPhone修理のプロにお任せください。

ドック交換時に交換または分解するパーツ

ラウドスピーカーとバイブレーターを取り出し、ドックを交換します。ドックは粘着テープでしっかりと固定されているため、慎重に取り出します。すべての粘着テープを取り除いた後に新しいドックと交換します。 粘着テープが残っている場合、その分の厚みで誤動作することもありますので丁寧に取り除きます。

ドック

免責事項

  • ・当店でXperia修理後にドコモショップなどの正規店で修理することは一切できません。
  • ・症状によっては数日お預かりすることもございます。
  • ・ソフト改造などを行っている端末は修理により不具合を起こすケースがございます。
  • ・修理によりおサイフ機能に支障を起こす可能性がありますのでご注意ください。
  • ・水没端末の場合、現在の症状より重度になる場合もございます。